Ask Naotake!

〜尚武に訊け!〜
英語表現、あなたの疑問にお答えします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
Podcast 023 Shownotes
キャストにはこちらからどうぞ。

iTunes Music Storeに載りました!

「看板料理」で引っ張ります!
itaruさんからのコメント
"what's good to eat here?"(おすすめは?)と聞くのはどうか?

"To Go"ネタも引っ張ります!

「ぜんがめ」さんからのコメント
「"Take out"についてですが、ハンバーガーチェーンのIn-n-Outでテイクアウトした場合のレシートには、"Counter Take-Out"と印字されていたと記憶しています。レジでは、”For here or To go?”と尋ねられるのですが。
PS Mr. Misterといえば、KyrieとBroken Wingsでしょうか?」

"To Go"の元ネタをご提供頂いた「きっち」さんからもコメント
「さっそく取り上げていただきありがとうございました。カナダやイギリスではまた違うというのも興味深かったです。To Goが比較的新しい言い方とすると、どこかのファーストフードなんかがはじめたのでしょうか。// in-n-outだったかは記憶が定かではないのですが、"For here"のときはレシートには"Dine-in"と書かれてたのもあった記憶があります。確認に行ってこようかな(笑)」

In-n-Out Burgerとは
とてもユニークなファーストフードチェーン
ウェブサイト(行くといきなり音楽がうるさいので注意)
Wikipedia記事
新鮮な食材、限られたメニュー
独特の企業文化
口コミで展開
「隠しメニュー」(例:Animal Style)

「ぜんがめ」さん、「きっち」さん言及のIn-n-Outのレシート
"Counter-Eat In"と記載

In-n-Outの読み方
「インヌンアウト」?→「インナンナウ」が正しい
"In-and-out"を早口で読む

表現:"cult following"
意味:カルト的、信者のようなファンが多い
例文:"In-n-Out Burger has a cult following not just for its good food but also for its unique culture."
意味:インナンアウトバーガーにはその美味しさと共に、ユニークな企業文化に惹かれた信者のようなファンが大勢いる。

今日の一曲: George Hrab "brainsbodyboth"
Found on the Podshow podsafe music network. Check it out at music.podshow.com.
紹介ページ
ウェブサイト

ご感想・ご意見・ご質問の受付先
asknaotake@gmail.comへのメール
Ask Naotake!ブログへのコメント、トラックバック
| レストランにて | 16:24 | comments(1) | trackbacks(2)
Podcast 022 Shownotes
キャストへのリンクはこちらです。

リスナーフィードバックへのリアクションとお礼

前回で取り上げた「看板料理」の続き
「きっち」さんからのコメント
「『看板』ときいて、まずSignature Dishかなぁと思いましたが、House Specialとのニュアンスの違いも分かって参考になりました。料理つながり(?)でちょっと思い出したので質問させてください。年末に日本に帰ったとき、スターバックスで思わず"To Go"と言ってしまって店員さんにキョトンとされてしまい、そこでふと思いました。日本で”持ち帰り”といえばもっぱら”Take Out"で"To Go"とはあまり聞きません。アメリカでは逆に"Take Out"をあまりききません(ゼロということはありませんが)。この辺のことについて機会がありましたら解説いただければ幸いです。」
"For here or to go?"は決まり文句→子供の時はあまり聞かなかった、最近の表現?
To goは"To go with you"の省略形?
Carry out: カナダ
Take away: イギリス→"持ち去る”なのでこちらのほうが厳密?
例文:"Would you like it for here or to go?" "For here, please."
意味:こちらでお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?ここで食べます。

今日の一曲: John McCloy "Just Believe It"
Found on the Podshow podsafe music network. Check it out at music.podshow.com.
紹介ページ

表現:"takeaway"
意味:経験などから学んだ教訓、得た洞察(もし一つだけ覚えるとすれば、といったニュアンスもあり)
例文:"My takeaway from today's speech was that as much as there's no one way to success, there's no one definition of success."
意味:今日のお話から学んだのは、成功に至る道が一つでないということ同様、成功の定義も一つではないということです。
例文:"The takeaway from today's class is that installing preventive measures against errors from the beginning pays off enormously."
意味:今日の授業の教訓は、最初から間違いを防ぐ仕組みを作り込んでおくことは、将来大きな恩恵をもたらす、ということです。

表現:"my two cents"、"my two cents worth"
意味:意見、それも求められていない意見(謙遜しているようでしていな表現)
例文:"Here's my two cents. I would start by convincing the staff before their bosses."
意味:私見ですが、私なら上司より先に部下から説得しますね。
例文:"If I may offer my two cents, I'd try to eat less than spend money on diet pills."
意味:言わせてもらえれば、ダイエットピルにお金使うより、食べるのを減らしたほうが良いと思います。

今日の一曲: Melissa Forbes "Thinking You Over"
Found on the Podshow podsafe music network. Check it out at music.podshow.com.
紹介ページ
ウェブサイト

ご感想・ご意見・ご質問の受付先
asknaotake@gmail.comへのメール
Ask Naotake!ブログへのコメント、トラックバック
| レストランにて | 17:10 | comments(2) | trackbacks(0)
Podcast 021 Shownotes
キャストへのリンクはこちら

お題:「看板メニュー/看板料理」
サンフランシスコの「まる」さんから頂きました。ありがとうございます。

「勇気を出して質問させて頂きます。レストランにて。「このお料理は、このお店の『看板メニュー』です。」とりあえず、「フラグシップ、、、みたいな、、、」とお茶を濁しましたが、頭の中で戦艦がぐるぐる回りだして大変困りました。」

表現:"house specialty", "specialty of the house"
例文:"Crabs baked with black pepper and garlic is the house specialty."
意味:黒こしょうとニンニクと共に焼き上げたカニがあの店の名物です。
例文:"What's the specialty of the house? Crab cakes! My favorite."
意味:ここの名物料理は何?クラブケーキですか。大好物です。

表現:"signature dish"
意味:シェフの得意料理(場合によっては店の名物料理をさしていることもある)
例文:"His signature dish was surprisingly a very simple one; beef and vegetables stewed in red wine."
意味:彼の得意料理は牛肉と野菜のワイン煮込みと、意外に単純なものであった。

表現:"special"
意味:「名物料理」というよりは「特別料理」
例文:"Today's special is roasted quail stuffed with foie gras."
意味:今日の特別料理はフォアグラを詰めたウズラのローストです。

"Roast"、"Grill"、"Broil"、"Saute"、"Braise"
Roast = オーブン等に入れて全体的に焼く
Grill=直火の上で焼く(イギリスだとBarbeque)
Broil=火の下で焼く(イギリスだとこれはGrillと言う)
Saute=油やバターを引いたフライパンで焼く
Braise=少量の液体と共に蓋をした鍋の中で蒸し煮にする

表現:"flagship store"
意味:旗艦→本店、母店、主力店舗
例文:"Banana Republic has many outlets, but the one in San Francisco is their flagship store."
意味:バナナリパブリックはあちこちに店を出しているけど、サンフランシスコにあるのが主力店舗だ。

今日の一曲: bill "Sound Scientist"
Found on the Podshow podsafe music network. Check it out at music.podshow.com.
紹介ページ
ウェブサイト

ご感想・ご意見・ご質問の受付先
asknaotake@gmail.comへのメール
Ask Naotake!ブログへのコメント、トラックバック
| レストランにて | 17:34 | comments(2) | trackbacks(1)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE