Ask Naotake!

〜尚武に訊け!〜
英語表現、あなたの疑問にお答えします。
<< Clash, Crush, Crash | main | Rhino Head? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
You're killing me!
kimaさんからの質問、続きです。

あと、"You are killing me!"
タイミング悪くさらに悪い情況へ行きそうな時に、その相手に言ったりするようなのですが。(Conversationを途中でやめるために)結構気楽に使っていいPhraseでしょうか?それとも、結構真剣にマズイシチュエーションのみ使用可でしょうか?


"You are killing me!"、相手がとてつもなくおかしな事を言ったときに大笑いしながら「もうやめてよ(笑い死にしそう)」と言う時には使えると思いますが、真剣な会話の時には使わないものであると思います。

真面目な会話の途中で何だかマズい方向に話が向かって「もうこの話やめましょうよ」と言いたい時には、自分なら以下のように言うと思います。

"I'm not sure I like where this is going - let's not talk about this any more."

また、以下のようにも言えます。

"This is getting uncomfortable, let's stop here."

「その話題には触れるの止めましょうよ」という時には、以下のように言います。

"Let's not go there."

といったところですが、いかがでしょう?
| その辺にて | 15:56 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 15:56 | - | -
コメント
がりゅうさんのトラックバックにもありました、

>誰かがウンザリしたときに "Hey, you are killing me."
> というもの。

というのは少し下の世代の人が使うようですね。同僚の若者に訊いたところ「使う奴もいるがよほどのことが無いと使わない」そうです。

また、"don't go there"について、

>ここで言っている "there" が、大抵の場合「下ネタ領域」
>だということだったりする…。

というのがこの表現の原点だと思います。ただし、結構ビジネスの領域でも「車内政治上のタブー」とされている話題などに触れそうになった時に言う人がいますので、下ネタも含む「タブー」一般に使うように拡大したのでしょうね。

トラックバック、ありがとうございました。
| なおたけ | 2005/03/30 3:06 PM |
こちらこそありがとうございました。ここでの"there"の原点が下ネタだということは知りませんでした。

もう一つ思い出しましたが、ものすごく忙しく働いている部下に上司が「調子はどうだ?」と聞いた時の返事が "You are killing me." だったことがあります…。
| garyu | 2005/04/01 3:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://asknaotake.jugem.cc/trackback/84
トラックバック
お前その先を言うなよ
Ask Naotake! より。 "You are killing me!" の使い方。なおたけさんの言うとおり笑いながら「もう止めてよ!」という意味もあるが、僕がよく聞くのは、相手が下らないことを延々と繰り返したりして、誰かがウンザリした...
| がりゅう日記 | 2005/03/24 6:10 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE